懸賞応募を楽しむ理由と体験談

懸賞応募を楽しむ理由と体験談

「懸賞応募」です。ハガキ応募も、インターネット応募も、どちらもやります。インターネットでの応募は、特に早朝7時から8時の時間帯に応募するのが当たりやすいとの事です。なんでも、その時間帯が一番インターネットを利用する人が少ないからじゃないでしょうか。

 

 

(私の勝手な想像ですが・・・)毎朝その時間帯に夢中で応募しています。なるべく当選人数の多いやつに絞って応募しています。ハガキ応募は、ハガキの書き方にも相当工夫を凝らします。ただ書くのでは当たらないので、ぱっと見て、選ばれやすいようなハガキでなくてはなりません。

 

 

だから、蛍光ペンを使ったり、イラストを描いたり、コメントを工夫して書いたりしています。(余り長々と書いても、逆効果になると思います)書き終わった後、自分で言うのもなんですが、自分の書いたハガキを惚れ惚れしながら見るのが、また楽しくてたまりません。

 

 

 

そして、これがポイントなのですが、なるべく締め切りのギリギリにポストに投函します。そうすると当たりやすいらしいのです。これも、何でなのか理由はよく分かりません。しかし、応募というものは、応募している間の時間も楽しいし、当たるまで待っている間のワクワク感も味わえるし、2倍のうれしさが待っています。こんな良い事ってないなと自分では思っています。だから、応募は大好きでやめられません。毎日、郵便受けを見るのも楽しみだし、玄関が「ピンポーン」となって、「郵便でーす」と言われるたびに、「また何か当たったかな?」と思って、ワクワクします。だから、こんなにお金のかからなくって楽しい趣味って、他にないと思います。是非、皆さんにもおススメしたいです!懸賞応募、いいですよ!